活動方針に疑問

PTA活動は先生との交流が深まるってウソじゃないですか!

投稿日:

よくPTA活動のメリットとして学校に行く機会が増えるので先生との交流が深まるということがあります。
この方は実際にはそんなことがないということを投稿してくれました。

PTAのメリットを改めて考えてみると

1. お名前(ニックナーム)
桃色紫陽花

2. 住んでいる地域
関東

3. PTAでどんな役割を担っていたか?
PTA書紀

 

子供が小学校の時、二回PTA役員をやりました。
一度は書記、二度目は広報委員長をやりました。
まず役員選出に関しては、どうしても不平等になってしまうと思います。
本当は時間があるのに嘘を言って言い逃れをする方が多いのには驚きます。
確かに仕事を抱えていたり、お子さんが何人もいたり、高齢者を抱えているご家庭にとってはPTA役員は大変だと思います。
嘘をついて逃れる方が多いことによって、全員同じ立場ということになり、くじ引きで決定するケースが多くなります。
結果、本当にお忙しい人が役員になってしまい、役員の会合に出席されないという状況になってしまいます。

 

自分で立候補される方は、正直今まで見たことがありません。
それでも役員になったのだから、何とか一年間頑張る方はたくさんいらっしゃいます。
お仕事をされている方が多い時は、会合を夜にやったり休日にやったりしたこともありますが、それはそれで、他の方が出席できないという事態になって、一年通じて全員出席できたということは一度もなかったような気がします。

 

「自分の子どものために先生との交流が深まる」
という解釈もありますが、実際のPTAの活動は、先生方とあまり接点がありません。

共働きのご家庭が多くなった現代、本当にPTA活動というものが必要なのか?
もっと規模を縮小するとか、形を大きく変えるとか、考え直さなければいけない時期になっていると思います。

 

PTA役員は、いわばボランティア。
やらなくて済むものならできればやりたくない、と言うのが本音だと思います。
PTA活動イコールただの罰ゲームのような意識でしかなくなってしまうと思います。


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
記事を読みましたらご協力のクリックをお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村

 

当ブログではPTA改革のヒントを随時更新してゆきます。
参考になれば幸いです。


 

このブログでは、PTAについての現状や意見、改善点を広く募集しています。
以下のリンクから投稿できますのでご協力いただければ感謝です。
PTAについての意見を投稿

投稿者プロフィール

赤いよつばのクローバー
赤いよつばのクローバー
このブログはPTA活動での役員選出やボランティア活動、講演会といった問題点を幅広く募って公開しています。
こうした現状を明るみにしてよりよいPTA活動ができるように改革をしてゆくヒントになれば幸いです。







-活動方針に疑問

Copyright© 赤いよつばのクローバー ~新しいPTAの改革への挑戦~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.