活動方針に疑問

PTA予算を保護者の旅行やワークショップに使われるのはおかしいと思う。

更新日:

PTA活動で運営方針に疑問を持っている方の投稿がありました。
保護者向けのワークショップや旅行でPTAの予算が使われていることについてです。

保護者向けのワークショップや日帰り旅行の費用でPTAの予算が使われている

1. お名前(ニックナーム)
すっちー

2. 住んでいる地域
近畿

3. PTAでどんな役割を担っていたか?
その他の委員

 

子供が通っている小学校には年数回、保護者向けの日帰り旅行やお花や手芸のワークショップがあります。
それにはわずか1,000円や500円の参加費がかかるのですが、毎回疑問に思っていて、日帰り旅行やワークショップの費用がどう考えても1,000円や500円では収まらない価値があるものばかりで、足らない分はPTA会費から補填されていたのです。

 

以前事情を知らない時は気楽に参加して、PTAの皆さんと日帰りで京都へ行きましたが、保津川下りや、料亭でのランチ、和菓子体験などがありその時の費用がたった1,000円だったのですが、いくら団体とは言えかなり費用がかかったラインナップでした。
それを100名ぐらいの保護者で参加しましたが、PTA会費から不足分を支払った額を聞いた時には遠慮した方が良かったのではないかと後悔した程でした。
それ以来いくら委員とはいえ後ろめたさがあって行かなくなりましたが、しかし相も変わらずPTAは毎年そういった事をしています。

 

本来なら親の日帰り旅行や、ワークショップなどはなくてもよいものなのですが
PTAはそもそも親の為の会でも仲良しクラブではありません!
教師と親が子供達の為にしてあげる会であり、そんな余計な費用がかかるならその分、子供達が喜ぶ様なイベントを一つ増やしてあげた方が良いのではないかと考えます。


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
記事を読みましたらご協力のクリックをお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村

 

当ブログではPTA改革のヒントを随時更新してゆきます。
参考になれば幸いです。


 

このブログでは、PTAについての現状や意見、改善点を広く募集しています。
以下のリンクから投稿できますのでご協力いただければ感謝です。
PTAについての意見を投稿

投稿者プロフィール

赤いよつばのクローバー
赤いよつばのクローバー
このブログはPTA活動での役員選出やボランティア活動、講演会といった問題点を幅広く募って公開しています。
こうした現状を明るみにしてよりよいPTA活動ができるように改革をしてゆくヒントになれば幸いです。







-活動方針に疑問

Copyright© 赤いよつばのクローバー ~新しいPTAの改革への挑戦~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.