活動方針に疑問

小さい子がいるからPTAに参加出来ない人は

投稿日:

PTAの委員を経験されている方から投稿がありました。
この方は小さい子供がいてもPTA活動はできると言っています。

小さい子供がいたとしてもPTA活動はできます

1. お名前(ニックナーム)
たゆたゆ

2. 住んでいる地域
関東

3. PTAでどんな役割を担っていたか?
その他の委員

 

PTA役員をやりたいと立候補する人は少ないと思います。
1児童につき、1役と決まっているにも関わらず、役員決めのときに出席しない、委任状を出して、くじで当たったとしてもやらない。
というような方が増えているように感じます。

 

また、下のお子さんとの兼ね合いでできないのも理解できますが、それならば、もっと早い段階で何か委員を引き受けるというような行動をとってもいいように思います。
私はくじ引きで副委員長になりましたが、やってみなければわからないこと、何より、学校に行く機会が増え、先生や子どもたちに顔を覚えてもらい、嬉しかったです。
また、我が子も喜んでいました。

 

下に小さい子もいましたが、毎回連れて行っていました。
下の子もだんだんと慣れ、会議中も静かに待っていれるようになりました。
ほかの学年のお母様方との交流もでき、いろんな方がいるんだと改めて、勉強になりました。

 

今の時代、共働きのご家庭が増え、実際に話し合いに一度もいらっしゃらない方もいました。
なので、過去のPTA活動をそのまま引き継ぐのではなく、不必要なものはやめる。
簡素化させたPTA活動が必要なのかと思います。

なにより、ボランティアとはいえ、子どものためなのでみなさん、協力していただきたいです。


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
記事を読みましたらご協力のクリックをお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村

 

当ブログではPTA改革のヒントを随時更新してゆきます。
参考になれば幸いです。


 

このブログでは、PTAについての現状や意見、改善点を広く募集しています。
以下のリンクから投稿できますのでご協力いただければ感謝です。
PTAについての意見を投稿

投稿者プロフィール

赤いよつばのクローバー
赤いよつばのクローバー
このブログはPTA活動での役員選出やボランティア活動、講演会といった問題点を幅広く募って公開しています。
こうした現状を明るみにしてよりよいPTA活動ができるように改革をしてゆくヒントになれば幸いです。







-活動方針に疑問

Copyright© 赤いよつばのクローバー ~新しいPTAの改革への挑戦~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.