役員選出

PTAの投票は「無関心な保護者は初めから除外する」と聞いたことがあります。

投稿日:

PTA役員選出の投票についてや運営方針についての投稿がありました。
PTAの最大の問題点と全会員の思う率直な意見だと思います。

PTAの役員選出や運営方針に疑問があります

1. お名前(ニックナーム)
めんたいこ

2. 住んでいる地域
中部

3. PTAでどんな役割を担っていたか?
その他の委員

 

公立の小学校・中学校の校外(主に安全パトロールなど)役員を計3年、広報1年、公立高校も1年、私立幼稚園の大役を3年経験しました。

 

保護者のPTAに対する協力体制に温度差を感じます。
無関心な保護者に役を与えても無断欠席、結果他の役員にしわ寄せがくるので、どんどんやり手がいなくなるのが現状です。
ほかの地域では、
「投票で決めるものの開票にはPTAの役員が立ち会うため、学校行事にも来ない保護者は始めから除外すこともある」
と聞いたことがあります。
投票の意味がないと思いましたが、子ども第一で考えればそれも致し方ないのかもしれません。

 

今は共働き家庭が多いので負担に思うこともあるかもしれません。
ですが、全世帯で分散できれば各家庭少しの負担で済むことなのに・・と思うことがあります。

 

PTAの体制や慣例でやっている行事などの見直しも必要なのでは?と思います。
共働き家庭が多くなっている現代も、私の地域ではPTAの活動自体はあまり変化がありません。
情報が簡単に手に入る時代にセミナーを開催したり、そのセミナーの人数集めに役員が奔走したりと、あまり必要でない事は廃止してもいいと思います。
慣例行事を見直し、変わりゆく時代に合わせてPTAが変わっていくことも必要だと思います。


いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
記事を読みましたらご協力のクリックをお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村

 

当ブログではPTA改革のヒントを随時更新してゆきます。
参考になれば幸いです。


 

このブログでは、PTAについての現状や意見、改善点を広く募集しています。
以下のリンクから投稿できますのでご協力いただければ感謝です。
PTAについての意見を投稿

投稿者プロフィール

赤いよつばのクローバー
赤いよつばのクローバー
このブログはPTA活動での役員選出やボランティア活動、講演会といった問題点を幅広く募って公開しています。
こうした現状を明るみにしてよりよいPTA活動ができるように改革をしてゆくヒントになれば幸いです。







-役員選出

Copyright© 赤いよつばのクローバー ~新しいPTAの改革への挑戦~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.